2017年01月15日

タウンニュース磯子区版ジーパンのトップ コラムNo.125 H28年1月

『飛ぶ鳥を落とす勢いで頑張ります!』





あけましておめでとうございます。酉年ですので鳥にちなんで、お客様の為に飛ぶ鳥を落とす勢いで頑張ります。
先日『フライトジャケット』をお買い上げのお客様から「女物のジャケットでは無いか?」とのお問い合わせを頂きました。お話しをよく伺うとジャケットのファスナーの金具(差し込む金具)が左右逆だからとの事でした。
確かに、一部のフライトジャケットは、逆になっております。
その訳は、フライトジャケットの規格が、米軍規格に合わせた本物志向だからです。規格に合わせてファスナーも米国仕様になっているのです。米国では、左利きが多いとかでファスナー差し込み金具が日本規格とは、逆になっているのです。
当店では、MA-1やCWP-45P・N3Bなどが米軍仕様ですからご来店いただければ一目瞭然です。同じブランドのフライトジャケットでも日本企画のジャケットは、日本製ファスナーですから使い慣れた金具の配列になっております。
一部のお客様から、「どうせ作るのだから使い慣れた日本製のファスナーを取り付けてくれれば良いのに」とご意見を頂きますが、そうなると米軍規格では無くなりコピー商品になりますので「なんちゃってフライトジャケット」になってしまうのでNGです。今年もタウンニュース共々よろしくお願い致します。






Posted by Gパン  at 00:25